間違ってヤミ金融に手を出したら、どうなる?

皆さんもテレビやドラマで「ヤミ金融(通称:闇金)」について聞いた事があるでしょう。
ドラマの中はで、いかにも「危険!」というイメージで描かれていますが、今回は実際どのような危険があるのか、ヤミ金融の事について少し勉強しておきましょう。

2010年の法改正以降、年収の1/3を超える借り入れが出来なくなってしまいました。
このため、どこからも借りられない人たちがヒッソリと「ヤミ金融」に手を出すようになったのです…。
もちろん、最初から「闇金」と知らずに、申し込んでしまう人も多いと言います。

一般的なカードローンの金利からはかけ離れたような利息を用いており、例えば「トイチ」という言葉がドラマでも頻繁に用いられるように、10日で1割の利息を取るような業者も存在するのです。

「10%…多いの?」と思う方は、あまりピンと来ていないのかも知れませんね。

仮に100万円を借りたとします。
10日間の利子は110万円…つまり、10日間で10万円もの利息が付いているのです…。

では、一ヶ月では幾らになりますか?
どうでしょう、ようやくその恐ろしさが分かってきたでしょうか…?

また、闇金の業者は貸し付けて「返せない」ように最初から無理な金利で貸し付けているのです。
返せない借り手側はどうなるのでしょうか?

まず、貸し付けの際に記入させた「個人情報」に基づいて、親族や職場などにガンガン取り立てを行います。
この時点で、通常の精神を持った人間であれば「ノイローゼ」に陥るでしょう。
そして、返せない返済者は「犯罪行為」などを行うよう、裏の仕事を手伝うことになるのです…。
つまり、一度お金を借りてしまうことで、あなたの人生は「一生抜け出せない地獄」へと陥ってしまうのです…。

このような問題は、決してドラマだけのものではありません。
多くの人たちが実際に経験している、恐ろしい事実なのです…。

キャッシングにまつわるリスク

キャッシングをする際、どのようなリスク(危険性)が存在するのでしょうか?

今回は、キャッシングをする際に注意するべき点についてまとめてみました。

まず、キャッシングは手軽である分、きちんと計画を立ててから利用しないと「多重債務」に陥る危険性が高いです…。
一昔前は、年利30%で限度額は数百万円といった、むちゃくちゃな貸し付けを行う業者が沢山存在しました。
このような業者の存在と不況という世の中の流れによって、多くのカードローン利用者が多重債務に陥る結果となったのです…。

債務を返済する為に、さらに別のカードローン会社を利用する。
また、その債務を返済する為に新しい融資を利用する…。
このような自転車操業によって、多くの人が生活を追われ多くの人が、生活破綻を余儀なくされたのです…。
つまり、自己破産の数が急激に増えたのも、こういった背景があるのです。

こうした問題から法改正が行われ、2010年以降は「総量規制」という、年収の1/3以上の貸し付けは、銀行以外は行えないように規制が始まったのです。
この事で、多くの悪徳カードローン会社が姿を消しました。

しかし、急に「借り入れがストップ」されてしまったカードローン顧客は、返済の自転車操業が出来なくなってしまいます。
この事によって、まともなカードローン会社で借り入れが出来なくなり、闇金に手を染める人も増えてしまったのです…。

闇金よりもマシな「ソフト闇金」という業者も出て来る等、大きな問題を抱える事になりました…。
また、クレジットカードのショッピング枠を「現金化するサービス」を行う業者も増えて来ました。
カードローンの作れない顧客は、実体の無い商品を購入した事にして、ショッピング枠を現金に換金してもらっているのです。
(このようなサービスは)クレジットカード会社に利用がバレてしまった途端、即会員資格を剥奪されてしまいます。
誘惑に負けそうになっても、絶対に利用しない様に気をつけましょう…。